バックナンバー

お金で「しあわせ」は買えるか?(経済と幸福度)

 

伊勢です、

最近、会う人全員に
こんな事を言われるようになった。

=================
今が一番、幸せそう
=================

今までは、どちらかというと
似たような言葉だが
周りからこんな事をよく言われていた。

「成功していますね」

似ているようで、少し
ニュアンスが違う言葉だと思う。

あなたなら、周りの人に
どちらを言われたいだろうか?

「今が一番、幸せそう」
「成功していますね」

、、、

「幸せ」と「成功」は
同時に、叶うものなのだろうか?

その答えは、また後で話すとして
少し最近の話をしてみる。

・・・

1年半前に、沖縄に引っ越した。

20年過ごした東京、
会社の事務所が、今も置かれている東京。

そこを離れ、遠く離れた(とはいえ海外ではない)
沖縄へと移り住んでみた。

それまでは、仕事の関係で
人に会う機会が、非常に多かった。

1ヶ月間で、多い時は
会食が25日くらい入っていた。

それくらい、仕事で
人に会う時間が多かった。

いや、それは、真実ではない。

仕事関係の人に会う機会が
多かった最大の理由は、、

『近いから』

だったと、今では思う。

本当に会って話す必要がある話ばかりを
していたわけではなかった。

「会わなくても成立できる」
「会って話すほどの話ではない」

そういう次元の話でも
「近いから、とりあえず会う」が習慣だった。

それが、沖縄に移った事で
一気にゼロになってしまった。

そうしてぼくの生活は、激変した。

今の状態について、周りの人から
言われている事がある。

================
好きな場所で、好きな人と暮らし
ストレスなく仕事をしている
================

ように見えるのだそうだ。

10年以上前から付き合いがある人ほど
そんな感想をくれる。

実際、ぼくの実感で
どうなのかと言えば、、

=================
過去最高にしあわせ
=================

だと、自分でも思う。

何しろ毎日、、
「裸で、海に入れる」のだ。

これが、本当に幸せで、三つ星レストランで
食事をして、高級ワインを飲むより
100倍幸福度が高いのは、間違いない。

「成功」のイメージに近いのは
「三つ星レストランでワイン」かもしれない。

しかし、実際に経験して
「幸せ」を感じるのは「全裸で海」なのだ。

果たして「成功」と「しあわせ」は
比例する関係にあるのだろうか?

それは1つの神秘かもしれない。

さて、今の自分について
好きな場所で、好きな人と、好きな事をして
生きられているのは、事実だ。

振り返ってみると、10年前は

=================
自分がどうしたら、幸せになれるか?
=================

それがわからずに、ただ走ったり
迷ったりしていた。

だから、10年くらい
自分が幸せになれるスタイルを模索していた。

今になって振り返れば
ずいぶん遠回りもしてしまった。

そして、ようやく、やっと、、
自分の人生がしっくりくるようになってきた。

この10年間は、自分が幸せになれる
スタイルを確立するために
必要な時間だったのかもしれない。

遠回りも、してみなければ
「何が幸せか?」は理解できなかった。

ただ、10年前も自由ではあった。

時間にも、場所にも縛られず
世界中を飛び回っていた。

世界40カ国以上を訪れ、
行く場所がなくなり、
わざわざ南極にまで行ったりもした。

けれど、まだ何かに縛られている
感覚があった。

「自分自身がどんな人間か」
も、ほとんどわかっていなかった。

だから一通り、成功者が
やっていそうな事は全て体験してみた。

全ていい経験だったけれど
体験すればするほど、
迷子になっていったような気がする。

やがて、、

「自分がどんな人間か?」
「何に幸せを感じるのか?」

が、ようやっとわかってきて、、
今のスタイルに落ち着いた。

自分のスタイルを確立するには
両手いっぱいに抱えていたいろんなものを
一度、全て降ろす必要があった。

その決断は、ちょっとだけ勇気が必要だった。

ぼくには、タワーマンションも、シャンパンも
高級レストランも、六本木も
たくさんの社員も、有名な取引先も、著名な人脈も、、

特に、いらなかった。

今となっては、いい思い出で楽しかったけれど
「もう一度欲しい」とは思わない。

それよりも、海に入ること、自然に囲まれていること、
大切な人といつも一緒にいること、、

他人の評価は関係なく、情熱を持って
自分がやりたいと思える仕事に集中できること、、

そっちの方が、ぼくにとっては
ずっと価値が高かった。

誰からも評価されないとしても
今の生活と仕事を選ぶ自分がいる。

参考になるかはわからないけれど
幸せへの道とは、結局は、、

=================
自分のスタイルを確立する
=================

これしかないように思う。

「成功」と「幸せ」の関係性とか
特に何の意味もないと思っている。

富や名声や、たくさんの高級品は
本当の意味で、ぼくらを満たしてはくれない。

本当の幸せを、感じさせてはくれない。

では、何が幸せにしてくれるかと言えば
「自分のスタイルを確立する事」ではないかと思う。

自分が満たされるカギを知っているのは
自分しかいないからだ。

それが、走り続け、迷い続けた
10年間を生きてきた感想だ。

でも、こんな話を聞かされても
人によっては、、

「はるか遠い世界の話」

と感じてしまう人も
いるかもしれない。

そう思う人もいるかもしれないが
「そうじゃない」と伝えたい。

なぜなら最近、このような思いを
感じているのは、ぼくだけではないからだ。

うれしい事に、ぼくの周りでは
自分のスタイルを確立して
幸せになっている人が、どんどん増えている。

ついこの間も、3日間で9人の人と
ズームをしたのだけれど、
別々にひとりひとりと話をしたのに、、

9人全員が同じ事を言っていたのだ。

それは、9人全員が自分のスタイルを
確立し始めていたという事だった。

しかも多くの人が、わずか1年でだ。

・・・

今の時代の流れにおいて

=================
これまでの1年、これからの1年
=================

というのは、本当に
大きな分岐点に来ていると感じる。

これまでの1年で、人生を
大きく変えた人たちが大勢いた。

そして、この先の1年でも
人生を変えられる人が大勢いる。

「なぜ、この1年が変わり目だったのか?」
「これから1年で、何が変わるのか?」

それについては、ぼくの感覚だけでなく
経済面で、根拠となるデータもいくつかある。

これから、とても興味深い事が始まるのだが
長くなってしまったので、次回話をしたい。

それを活用すれば、この先
あなた自身も、、

「成功していますね」

と言われる機会も出てくるだろうし
同時に、、

「今が一番幸せそう」

と自他ともに認める
過去最高の自分になれると思う。

そんな大きな時代の波について
これから話していきたい。

「こんな時代」と思う人も多い世の中だが
「希望は常にある事」を示せると思う。

とにかく、楽しみにしてほしい。

またメールしますね。

伊勢隆一郎

関連記事

  1. バックナンバー

    【雑感3】教えることの難しさ

    伊勢です、「極めて難しい」と、思うことがあります。…

  2. バックナンバー

    新たな10年経済のはじまり(2030年の未来)

    伊勢です、2021年が始まって新たな年度も近づいてきました…

  3. バックナンバー

    最近の一押し案件

    伊勢です、今の小学4年生から中学生3年生の事を「タ…

  4. バックナンバー

    お金が先か、習慣が先か

    伊勢です、以前、旅行のメンターでもある塾長がこんな事を…

  5. バックナンバー

    テレビを今すぐ捨てろ!デンマークツアーのお誘い

    伊勢です、今日は、『成功したければ情報源を変えよう…

  6. バックナンバー

    9月11日の19時から”落語”を一緒に見に行きませんか?

    伊勢です、落語、聞いていますか?日本人の大人であれば、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お金のための人生を完全に卒業(新プロジェクト)
  2. うそで固められた、成功ノウハウ(資産家の真実)
  3. 1年以内に、引退するプロジェクト(リリース間近)
  4. あなたの未来に訪れる、働かない人生(天国ジゴク)
  5. 引退について(人が働くことをやめる時)
  1. バックナンバー

    鮨屋の下積み修行はムダなのか?
  2. バックナンバー

    2019年の予測とどう生きるか?
  3. バックナンバー

    『コンビニ弁当が1500円に値上げされる?』
  4. バックナンバー

    微生物のように生きたい
  5. バックナンバー

    うそで固められた、成功ノウハウ(資産家の真実)
PAGE TOP