バックナンバー

私は弱虫です

伊勢です、

いつも他人の目を気にして
生きてきました。

ダサいですが
どうしても他人の目や
評価が気になるのです。

どう思われているかが
気になるのです。

嫌われたくないですし、
恨まれたくないのです。

なので、人と話していても
つい顔色をうかがってしまいます。

相手が機嫌が悪そうだったり
高圧的な場合は、

ヘラヘラと愛想笑いをしたり
思ってもいないゴマすりを
してしまう事も多いです。

顔色をうかがって
相手がどう思っているかを気にして
自分の意見とは違う事を
相手に合わせて言ったりしています。

そんな自分が嫌なのですが
どうしても、他人に嫌われたくないので
ご機嫌をとってしまいます。

家族の中で、バカ扱いされて
馴染めなかったからなのか
こどもの頃からそうでした。

小学5年生のときは
クラスの全員に無視されて
8ヶ月間、無言で過ごした事もあります。

ボスに対しての軽率な一言が
原因で、いじめられたのです。

そういう経験からか
とにかく他人にどう思われるのかが
気になるのです。

そして、昔ほどではないものの
それは今も続いています。

そんな私ですから、
人前に出てセミナーをやるなど
考えられない事でした。

目立ちたくないし
自分の意見など隠して
おきたいからです。

家族にすらまともに自分の意見を
言えないのですから
他人がたくさんいる人前に出るのは
たいへんなストレスです。

基本的には、自分を押し殺し続けて
なんとかやり過ごすのですが
最後には、ストレスで爆発します。

酔うと他人の目が気にならないので
気持ちよく人と話すことができます。

そうしてお酒を飲みすぎて体も
壊しました。

よく、私のことを

謙虚ですね、とか
何でも受け入れてくれて凄いですね、とか

言ってくださる方がいますが
本当は、自分の意見を言うのが怖くて
逃げている事も多いのです。

そんな自分が、
2009年に継承プログラムを販売し
大大的に世に出ることになりました。

12時間で5億円という肩書で
多くの人に知られたのです。

結果、たくさんの方に知っていただけて
想像もしなかったような素晴らしい人生になりました。

楽しいことも、たくさんありましたし
たくさんのお金も稼ぐことができました。

人からは身の丈以上に尊敬されるようになり
何者でもないのに、ちやほやもしてもらいました。

身の丈以上と思えるような
幸せな毎日を過ごさせてもらっています。

ただ、一方で、困った事もありました。

2チャンネルを始め
かなり多くの人に
酷いことを書かれるようになりました。

ゴキブリ野郎
顔が生理的に無理でキモい
死ね
面の皮の厚い詐欺師
金の亡者

普通の人が人生で浴びるであろう
罵声の1000倍近くをわずか数年で
浴びることになりました。

人に嫌われたくない私は
めちゃくちゃ傷つきました。

人前では、気にしていないふりをして

「嫌われるほどファンもできるんだから
どんどん叩かれたほうがいい」

などと、斜に構えていましたが

怒りで眠れなくなることや
死にたくなるくらい落ち込むことも
ありました。

「成功という報酬の税金みたいなもの
なんだから、しょうがないよ」

と思う人もいるでしょうし、
叩かれてもそんだけ儲かればいいだろう
と思う人もいると思います。

もし、自分が叩かれたことがなければ
私もそう思ったかもしれません。

ただ、根本の部分では
「分かってくれる人だけ
分かってくれればいい」
とも思っていました。

会社のメンバー、村上さんを始めとする
ビジネスパートナー、家族、、

身近な人が分かってくれれば
いいんだと思うようになりました。

そんなつもりで前を向いて
歩き出したのですが
そうも言ってられない状況に
追い込まれます。

新たに出会った人が
ネットで書かれている99%の
嘘を見て、私を詐欺師だと
思うようになったのです。

新しい事業を始めるために
新しい人に会うと
その人たちが去っていく。

これでは、新しい世界に行くことができません。

新しい事業をすることもできません。

なので、身近な人だけ分かってくれればいい
とは、言っていられなくなりました。

その頃からです。

大げさな表現をしないこと、
過激な事を言わないこと、

自分が思っていることを
外に出さないこと、

2013年ぐらいからです。

正直、もう耐えられないという
気持ちもありました。

そうして、表舞台にできるだけ
立たないようになり
少しずつ存在を消すようになりました。

長いもので5年近く
潜伏してきたことになります。

売上よりも
叩かれない事を
最優先にビジネスをしてきました。

そうしなれば、やりたいことを
できないからです。

そのかいもあって

徐々に他人の悪口を書いて自分が儲ける
叩き系アフィリエイターから
存在を忘れられるようになり

最近は、だいぶ、悪評も
減ってきました。

ただ、今でも、叩いてくる人はいるので
見つけるたびに、

殺してやろうか(プルプル)

と本気で殺意を抱くのですが

自分の人生のために
我慢しています。

そのおかげで、元々やりたかった
国を元気にする仕事や
地方創生の仕事も
できるようになりました。

ギリギリですが、行政のOKラインに
のってきました。

地方創生をやりたいというのは
高田くんが入社するきっかけになった
メルマガに書いたのが最初なので
10年以上前からやりたかったのです。

そうして、今の私があります。

・・・・・・・

なぜ、今更こんな話をするかというと
今、新たな事に挑戦しているからです。

その挑戦とは、人生で初めて
投資の話をしている事です。

普通の人にとっては
何が挑戦か分からないと
思いますが、

今話してきたような
バックグラウンドが
私にはありました。

そもそも人に嫌われたくないですし
叩かれるような事もしたくないのです。

そもそも12時間で5億円などと
成金の銭ゲバ代表のように
思われてるわけです。

投資の話をしようものなら
その印象が強化されるだけです。

というのもありますし、

実際に、投資を教えるというのは
とてもリスキーだと思います。

勝ったり負けたりが投資ですから
負けることもあります。

お前のせいで負けたなどと言われたら
最悪です。

ビジネスよりも簡単そうに見えますから
ビジネスの比ではないほどのリスクをとって
大怪我をする人も多いです。

また、ビジネスは失敗が失敗ではない
というか、失敗も確実に成功に必要な
ステップでしかないので、挑戦すれば
必ず何かが残ります。

しかし、投資は、大きくリスクをとって
失敗したら元手がなくなり
次の挑戦ができないので
そうなると何も残らないです。

なので、徹底的に投資の話は
避けてきました。

周りが仮想通貨の販売で
何十億を稼ごうと、一切投資の案件には
関わらないようにしてきました。

自分自身は、挑戦していましたし
近しい人には話すことありましたが
おおっぴらにはしてきませんでした。

なので、仮想通貨の販売に協力して
紹介して欲しいとか言われたら、

「どれだけの思いで投資の紹介を
避けてると思ってんだ。
空気読めボケ!」

と、心の内ですが
過激に毒を吐いていました。

そこまでして、避けてきたのが
投資の話です。

しかし、今回、その禁を
破ることにしました。

なぜかと言うと、

===============
キューバで師匠の平秀信先生に
「もっと本音を出すべき」
と言われた
===============

というのもあります。

誤解しないで欲しいのですが
普段から本音で生きています。

普段、言っていることも
やっていることも
本心でやりたいから
やっています。

もちろん、ミャンマーのプロジェクトや
地方創生のプロジェクトも
やらずに死にたくない!

という本心でやっています。

ただ、キューバであるコンテンツの
収録に立ち会わせて頂いているときに

その中で、

「多くの人は本音をさらけ出して
生きていない」

おっしゃっているのを聞いて
何かが、ひっかかりました。

なんとなく、自分もそうかもしれないと
思ったのです。

それが、今回の本音の告白であり
もう一つが投資についてです。

本音を隠している部分が
何かと言えば、

「一般的に投資を教えている
人たちはかなりのクズである」

という私の率直な思いです。

「嫌になるくらい
お客様をクイモノに
している人が多い」

と、本音ではそう思っていました。

が、今まで言いませんでした。

なので、今までの想いを
爆発させて全力で投資の話を
することにしました。

そして、

===========
塾長という本物が
無料のコンテンツを出すことに
快諾してくれた
===========

というのが
実現できた大きな理由です。

そうして、実現したのが
今回の無料対談です。

そして、なぜ、なぜ今なのか
と言えば、

=============
人生で2回、多くても3回しかない
約15年に一度の大チャンスが
迫ってきている
=============

というタイミングだからです。

詳しくは、対談をマジで
聞いてほしいのですが

=============
40代以上の人にとっては
これから数年間が
大成功するための最後のチャンス
=============

だと、正直、思っています。

私が大きなチャンスをつかんだのは
リーマンショックの真っ只中の
2009年でした。

村上さんと共に行った
継承プログラムです。

あれから10年が経って今
ひとつのサイクルが終わろうと
しています。

そして、近々、世界は
新たなサイクルに入ろうと
しています。

次の登りのエスカレターの
エントリー受付が迫っています。

===========================
エントリー受付が開始される前に
準備を完了させた人だけ
エスカレーターに乗ることができます。
===========================

そのチャンスを見逃さないために
この対談を聞いてください。

40歳の私にとっても
これが最後の大きなチャンスだと
思っています。

覚悟を持って、対談を聞いてください。

世界のこと、お金のこと、節税のこと
たくさんの学びがあることを約束します。

次のサイクルで人生を変える覚悟が
ある人は登録してください:
http://sh.k2academy.net/bfevg

伊勢隆一郎

関連記事

  1. バックナンバー

    エストニア視察ツアーのお誘い

    伊勢です、人口あたりの起業数が 世界一の国はどこだと思いま…

  2. バックナンバー

    『令和の新スキーム』

    クラウドファンディングが数年前から流行していますね。ク…

  3. バックナンバー

    3年後どうなっていたいですか?への回答

    伊勢です、今日は週末ですね。昨日の暇すぎてヤバイ人たち…

  4. バックナンバー

    1人勝ちすると、勝負に負ける理由

    伊勢です、ビジネスの世界では「Win-Win」の関係が大事…

  5. バックナンバー

    好きな事より大切な事

    伊勢です、好きな事だけをやるという…

  6. バックナンバー

    【早割終了】&【今週のまとめ】

    伊勢です、まず、最初に業務連絡です。【デンマークツアー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 株で全財産を失いました。(小学生の時の話です)
  2. 【速報】大統領選で、未来が分かれていく
  3. 『コンビニ弁当が1500円に値上げされる?』
  4. 再びコロナ第三波がスタート
  5. 儲かる”銘柄”をお話します
  1. バックナンバー

    鮨屋の下積み修行はムダなのか?
  2. バックナンバー

    仮想通貨と、世界経済と
  3. バックナンバー

    あなたは、これからどう生きる?
  4. バックナンバー

    『令和の新スキーム』
  5. バックナンバー

    9月のライオン
PAGE TOP