バックナンバー

届け!日本人の魂に。

伊勢です、

数年前の事ですが、

全くやる気が出ない時期がありました。

仕事をしていても、あまり楽しく
ありませんでした。

何かを新たにやろうという
気力もなく、

ただ、家に引きこもって
毎日、ダラダラと過ごしていました。

当時の自分には、

ビジョンも、ミッションもなく、

稼ぎたいお金も、欲しいものも

ありませんでした。

独身の私は、成長を見届けるべき
子どももいません。

なので、人生の長期的な展望も
ありませんでした。

モチベーション-ゼロ、

の状態だったのです。

もっと昔に遡れば、話は違います。

モチベーションマックスの状態で
日々を過ごしていました。

起業した当初は、

ただただ、生活していく事に
必死でした。

生きていくためには、
ご飯を食べなくてはなりません。

寝る前には、

「今日は、いくら売り上げたか?」
「毎日、1円でも多く売り上げる」

と、ブツブツ唱えながら
寝ていました。

明日の飯を食うために
1日1円でもいいから売り上げる。

そのために、

貪欲(どんよく)に行動し、
貪欲に学び、
貪欲に成長していきました。

ところが、

多少、お金に余裕ができると
お金がモチベーションにならなく
なります。

これは、私だけではなくて、

ある程度、結果を出した
経営者さんからもよく
相談されることです。

そうすると、

何をモチベーションに頑張っていいかが
分からなくなります。

人生の迷子になるのです。

不感症のように、

何をしていても、
何をやっていても、

充実感を得ることができません。

逆に言えば、

そこに至るまでの過程が
普通に生きている人が経験できないほど
激烈で、刺激的で、濃密な時間だったからこそ、

燃え尽き症候群のようになる

とも言えます。

そうです、

私は、数年前、人生の迷子に
なっていました。

・・・・・・

今考えれば、その時間が

次のステージにいくために
必要な時期だったのが分かります。

しかし、当時は、漠然とした
不安や、焦りを覚えていました。

・・・・・・

そんな頃に、ひとりの男に出会いました。

神谷宗幣(かみやそうへい)さんです。

神谷さんを一言で表現するならば、

「世界は変えられると純度100%で
信じている男」

ということになります。

バカみたいと言われようが、

無理だと言われようが、

「絶対に、日本は良くなる。」
「絶対に、日本は変えられる」

と、信じ込んでいる
かなりレアな人物です。

しかも、100歩譲って
そういう信念を持っている人が
他にもいるとしても、

神谷さんが、激レアなのは
本気で行動をしていることです。

自分の身体と時間は、

「日本を良くするためにある」

と考えていて、

人生の全てをその事にささげています。

奥さまにも、

「不自由をかけてすまないけれど
それが、自分の役目だから
勘弁して欲しい。

そんな男でもいいですか?」

と、プロポーズして
結婚するような人です。

神谷さんは、若くして政治の道に入ります。

最初は、大阪の吹田市で
市議会議員になります。

そこで、教育問題を解決するために
大阪維新教育の会を起ち上げます。

後の大阪維新につながる会です。

そこに橋下さんも参画してきて
一時期は共に歩みますが
考え方の違いから袂を分かつ事に
なります。

その後、政治の世界の薄汚さや
なにも変わらない現実を体験した
神谷さんは、

それでも、諦めること無く、

日本を変えるためには
もっと仲間が必要だと考え、

たったひとりで、全国の政治家たちに演説をする
全国キャラバンを初めます。

神谷さんが訴える

「本気で日本を変えていこう」

「今変えていかないと日本はダメになる」

という声は、最初は、誰の心にも
届きませんでした。

それは、そうです。

市議会議員しかやっていない

「若者が何か吠えてる」

ぐらいな印象しか持たれないのが
世の中です。

それでも少しずつ、

「神谷さんの言うことはもっともだ。
応援しよう。」

という人たちが増えていきます。

そして、地道にキャラバンを続けた結果、
今では、300名を超える、政党の枠を
超えたグループになっています。

三重県知事を始めとする
全国の知事、市長などの首長。

そして、国会議員、市議会議員。

これらの人たちが、自分よりも
若い神谷さんを会長とする

竜馬の会のメンバーに
名を連ねています。

こうして、政治の世界で仲間を
集めた神谷さんは、

次の行動に出ます。

今度は、

「日本を変えるためには、政治の世界と関係を
持たない、国民全体に訴えなければならない」

と、考えます。

そして、4年前にYouTubeで
インターネットチャンネル「CGS」を
開設します。

そこで、政治、経済、歴史、国際情勢、健康、医療
といった日本人の意識を変えるために必要な
情報を伝えていきます。

これまでに7万人がチャンネル登録し
総再生回数は4千万回を超える
人気番組になっています。

YouTubeというとバライティー的な
番組が人気ですが、

その中で、これだけ真面目なテーマで
これだけ視聴されているのは快挙だと
思います。

番組では、一般にタブーとされるような
情報を、毎回、専門家を呼び、正確な情報を
伝えています。

ちなみに、この番組には、都知事になる前の
小池さんも出演しています。

以上が、神谷さんの簡単な経歴ですが、

神谷さんは、今も、寝る間も惜しんで
日本中、世界中を飛び周っています。

恐ろしくタフで、恐ろしくよく笑い
恐ろしく真剣に、日本の未来を考えています。

・・・・・

神谷さんとの出会いは、

知人に薦められて
お互いの本を読んでいて、

お互いに興味をもっていて

その後、別の友人に偶然
繋いでもらってお会いしました。

私は、信頼する友人に

「ちょっと、どうしても
会わせたい人がいるから来てくれない?」

と、言われてその場にいくと
その相手が、偶然、神谷宗幣さんでした。

最初にお会いしたときに思ったのは、

「これが、同年代の人間か」

ということです。

こんな人が日本にもいるのか
と、衝撃を受けました。

その後、お互いが信を置く
友人の紹介だったこともあり
仲良くなりました。

実は、私たちが行っている

デンマークやオランダの北欧ツアー

も、神谷さんとの会話の中で
生まれたものです。

神谷さんに、

「女性の社会進出に興味があって
世界の先進国を見たいのですが
北欧の視察を組むことはできますか?」

と、聞いたところ、

「いいですね、組みましょう」

と、二つ返事で答えてくださり
あの素晴らしい視察ツアーを
組み上げてくださいました。

神谷さんとの出会いがなければ、
北欧ツアーもなかったのです。

神谷さんとの出会いは、私にとっても
私たちのチームメンバーにとっても
本当に大きなものでした。

・・・・・・・・・

そんな神谷さんが、今、
必死で取り組んでいるのが

イシキカイカク大学

です。

これは、文字通り
日本人の意識を変えるために
必要な情報を通信で学べる学校です。

今まで、何千人という人と
会ってきた神谷さんが、

政治、経済、歴史、国際情勢、
健康、医療、

といった分野で
この人!という方を厳選し
講師となってもらったものです。

内情を知っていますが
文字通り、身銭を切って

どうしても日本人に知った欲しい
と思った事を、神谷さんが必死になって
組み上げたのがイシキカイカク大学です。

神谷さんの信頼できるところは
評論家ではなく、現場を体験している人
だということです。

口だけで政治の評論をしている評論家ではなく、

実際に、政治家を経験している人です。

政治だけではなく、自分で会社経営を
している、優れたビジネスマンでもあります。

日本の中にいるだけではなく
世界を実際に視察しているから、

日本の良さも問題点も正確に把握しています。

批評家と、経験者は、全く違います。

だからこそ、机上の空論ではなく
きちんとした眼で、

政治、経済、歴史、国際情勢、
健康、医療を見ることができます。

今、日本に必要なものを
本当に分かっている人です。

・・・・・

私自身が常々思っているのは、

「世の中を変えるとは、
単純に、多くの人が知る事だ」

と言うことです。

多くの人が、真実を知った時
自然と世の中は変わる方向に
動いていくと思っています。

変わるとは、知ると同義だと
思うのです。

だからこそ、知ることは重要であり、
世の中を変えることにつながると思っています。

デンマークやオランダの視察ツアーは
そのような想いから開催していますし、

来年は、あるテーマを持って
エストニアとアイスランドを視察します。

これらの真の教養は、

全ての人にとって、プラスにしかならない
自分の枠を広げてくれるものです。

・・・・・・・・

そんな、神谷さんの想いの詰まった
イシキカイカク大学ですが、

今なら、無料で、授業を見ることが
できます。

ひとりでも、いい、

ひとりでもいいので

この授業を体験してくれる人が
いて欲しいと思っています。

小さな一歩でも、そのひとりひとりの
積み重ねが、日本を変える道に
つながっていると思っています。

そして、自分が見てみて良いと
感じたら、ひとりでも多くの友だちに
広めて欲しいと思っています。

なぜなら、

世の中を変えるとは、
多くの人が知るということ

だと、私は思っているからです。

ぜひ、以下のアドレスをクリックして
メールアドレスを登録してビデオを
ご覧ください。

「イシキカイカク.comを無料体験する」
http://sh.k2academy.net/slkna

このプロジェクトがひとりでも多くの人に
伝わるのを願っています。

あなたのご参加をお待ちしております。

伊勢隆一郎

追伸:

もし、アフィリエイトで紹介しても
良いと言う人は、ご連絡ください。

神谷さんの事務局に繋いで、ご連絡させて
いただきます。

日本を変える仲間を募集していいます。

   
 
 
 
 

・・・

■伊勢公式LINE@
・ID
@mvw1831d
・QR
https://line.me/R/ti/p/%40mvw1831d

■著書

【4万7000部のベストセラー】
「お金と時間と場所に縛られず、僕らは自由に働くことができる」
http://www.forestpub.co.jp/smp/books-detail.cfm?ItemCode=B-1619
(1,300円+税 フォレスト出版)

【12時間で5億売り上げた秘密を明かした2作目】
「人は感情でモノを買う」:
http://www.forestpub.co.jp/smp/books-detail.cfm?ItemCode=B-1718
(1,500円+税 フォレスト出版)

【Amazon総合ランキング第1位獲得!の電子書籍】
「騙されやすい人が成功する」 500円:
http://www.amazon.co.jp/dp/B01BVQRXRY/

【マーケティング・セールス部門1位を獲得!電子書籍2作目】
人間関係が苦手な人のためのストレスゼロの逆転人脈術:
 なぜか応援される人の秘密」500円:
http://www.amazon.co.jp/dp/B01D7JPIL6

【マーケティング・セールス部門連続1位!電子書籍最新作!】
究極理解: 「聞く力」でビジネスの9割はうまくいく 500円:
https://www.amazon.co.jp/dp/B01I4LY5QQ

■メディア

公式メールマガジン:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=379089

公式Youtube【IMチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCZAh8WfLh234mlxnKv86_yg

伊勢隆一郎Facebookページ
https://www.facebook.com/iseryuichiro?fref=ts
友達5000人のためフォローをお待ちしております。

伊勢隆一郎のインスタグラム
https://www.instagram.com/ryuichiro_ise/
ぜひフォローお待ちしております。

======================
発行者:伊勢隆一郎(いせりゅういちろう)

住所:東京都豊島区高田3-5-3
   第3布施ビル1F

———————————————

問い合わせ窓口:info@k2innovation.net
(受付時間:平日10時から18時)
*時間外に頂いたお問い合せには、
翌営業日にできるだけ早く対応させて頂きます。
恐れ入りますが、お待ち頂けますと幸いです。

関連記事

  1. バックナンバー

    微生物のように生きたい

    ===================================…

  2. バックナンバー

    テレビを今すぐ捨てろ!デンマークツアーのお誘い

    伊勢です、今日は、『成功したければ情報源を変えよう…

  3. バックナンバー

    3年後どうなっていたいですか?への回答

    伊勢です、今日は週末ですね。昨日の暇すぎてヤバイ人たち…

  4. バックナンバー

    泉佐野市と協定を結びました

    伊勢です、3月4日は、新たな人生の幕開けとなりました。大阪府泉佐野市と…

  5. バックナンバー

    伊勢は引退したのか?

    伊勢です、今年、沖縄に居住しました。東京には、年間10…

  6. バックナンバー

    好きな事より大切な事

    伊勢です、好きな事だけをやるという…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お金のための人生を完全に卒業(新プロジェクト)
  2. うそで固められた、成功ノウハウ(資産家の真実)
  3. 1年以内に、引退するプロジェクト(リリース間近)
  4. あなたの未来に訪れる、働かない人生(天国ジゴク)
  5. 引退について(人が働くことをやめる時)
  1. バックナンバー

    9月11日の19時から”落語”を一緒に見に行きませんか?…
  2. バックナンバー

    あなたは、これからどう生きる?
  3. バックナンバー

    社会貢献に興味はありますか?
  4. バックナンバー

    お金で「しあわせ」は買えるか?(経済と幸福度)
  5. バックナンバー

    『コンビニ弁当が1500円に値上げされる?』
PAGE TOP