バックナンバー

再びコロナ第三波がスタート

 

伊勢です、

NYダウが大幅に下げました。

終値で650ドルのマイナスで
一時期は1000ドルを超える下げでした。

S&P500もナスダックも
大きな下げとなっています。

11月3日はアメリカ大統領選です。

バイデン氏が有利という中で
今後、どのように世界が変わるのかを
簡単にまとめました。

===============
欧州でハーフロックダウンが加速
===============

・スペインが非常事態宣言
夜間の外出禁止、

・イタリアは飲食店が午後6時まで
映画館、劇場、プール、ジム閉鎖、

・オランダはレストラン・バー閉鎖、

・チェコはロックダウン、

・イギリス、フランス、ロシア、ドイツなど
各国が感染者の増加で医療が逼迫。

世界的にも感染者数のピークを
ここ数日更新しています。

「でも、死者は増えていないのでは?」

というのは、もっともな意見です。

なので、過度なロックダウンに反対する
デモは世界各国で起きています。

ただ、

実際に意味がない事であろうと
各国がロックダウンの方向で動けば
私たちにも影響があります。

なので、

可能性が高い方を予測して
おくことに意味があると
思っています。

===============
今年の冬はどんな冬になるのか?
===============

秋から冬にかけて
第2波、第3波がやってくる
というのは春から言われていました。

そして、実際の状況はとにかく
数字上は、コロナ患者は増えていることに
なっていて、

ある意味予想通り、各国は再び
ハーフロックダウンに
取り組んでいます。

実際のところは、
感染者数はコントロールできますし
ロックダウンに何の意味があるのかは
分かりません。

しかし、コロナによる医療崩壊を恐れ
「極力人が動かないようにしよう」
という方向で世界が動いています。

となると、、

春にワクチンが出始めるまで
この状況は続くと考えておく方が
良いと思います。

海外にいくことは相変わらず難しいですし、
大人数で集まることも、日本はとにかく
世界では厳しいままの冬という事です。

春までというか、夏になって
良くなるぐらいな感じだと思います。

それくらいのつもりでいた方が
良さそうです。

==============
不況とハーフロックダウンが
重なる冬から春
==============

世界中でドーピング的に
ばら撒いたお金の効果が
切れ始めているのが現状です。

日本だけでなく、世界中で
倒産も増えてきています。

自殺者も増えてきています。

そういう中で、

追い打ちをかける
ハーフロックダウンです。

今の世界は、繋がりが強いので
日本だけが好調というのは
あり得ないですので、

世界が沈む方向にいけば
日本も不況が悪化します。

ということですので、

空気感で言うと
あまり良くないムードに
これからなっていくと思います。

景気は空気感に影響されるので
厳しい空気になれば
消費も冷え込みます。

==============
それでも、各業界で
結果を出している会社もある
==============

しかし、
世の中全体がどうであろうと
個別でみれば
上手く行っている会社も
たくさんあります。

なので、

全体は気にせず
チャンスだけを
見ていきましょう。

例えば、

ひとつだけ、ヒントとなるような
視点をシェアします。

これは、私自身が強く感じますし、
実際に周りの起業家さんでも
この風を捉えて急上昇している人たちが
たくさんいます。

ひとつだけ、間違いがない変化として、

==============
内面を充実させようという
強い力が働く時代になる
==============

というのがあります。

不景気になると、内面の充実に焦点が
行きやすくなるのですが、

今回は、コロナ先輩のストレスも
かなりあるので、

外から内に人々の意識が
ますます向いていくように
なると思います。

コロナ先輩のロックダウン騒ぎが
仮に今後、収まったとしても
しばらくは、内面トレンドが続きます。

既に、そうなっているのですが
もっと強くなっていくということです。

という話をすると、
スピリチュアル業界だけの
話のように思うかもしれませんが、

===================
スピリチュアル業界だけではありません
===================

どんな業界でも、

人間の内側に人が強い関心と
意識を向けている

という前提で考えると
できることがあるはずです。

例えば、

//////////////////////////

「内面と向き合うツールとしての●●」

//////////////////////////

と、●●に自分の商品を入れてみてもいいですし

/////////////////////////

「内面と向き合うようなネーミング」

/////////////////////////

を商品名に取り入れてもいいですし、

///////////////////////////////

「月の満ち欠けや星座の動きと連動して」

///////////////////////////////

その日に商品を販売したり、サービスを
提供するだけでも大きな価値を与えることが
できますし、

///////////////////////////////

「心と身体を統合して健康になっていく」

///////////////////////////////

というテーマで商品やサービスを
リリースしても良いと思います。

もう少し具体的に言うと、

『意識が内面に向かうのが
時代のテーマになる』

ということは、

//////////////////////////

「匂い、感触、聴覚など
視覚以外の商品にチャンスがある」

//////////////////////////

と、考えてもらえればと思います。

匂いでいえば、

キャンドル、エッセンシャルオイルなどは
以前から盛り上がっていますし
最近でも青山のキャンドルショップの人混みは
凄まじいものがあります。

しかし、新たに開拓するなら、
お香、更に踏み込むと、塗香(ずこう)
なども面白いと思います。
(塗香は、ぬるお香)

「匂い、触覚、聴覚、、」

これらの要素で

「古来から精神的な世界で
使われてきたもの」

を見つけるとヒントになると思います。

他にも、

個人的には、日本の田舎にいく人が
旅行者としても移住者としても増えるので

その地域にしかない

「和」のテイストを感じさせる
匂い、触覚、などは面白いと思います。

山程ありますが、例を上げると
田舎で伝統的に食べられていた和の
健康食品、匂い、触覚などです。

田舎は宝の山と言われますが
商品などの素材はもとより、

田舎に伝わるストーリーにこそ
価値があると思っています。

「田舎の伝統、ストーリー」

これを注目して探すようにしています。

・・・・・・・

そして、個人的にとても大きな
テーマになりそうだと思うのが、

「女性のメンタルのケア」です。

ここは、しっかりとやっていく必要があると
最近の色々なニュースをみていると思います。

ビジネスになるならないは
おいておいて、無視できない
とても重要な事だと思います。

女性のメンタルのケアが
これからの時代とても重要です。

商品展開に関していえば、女性は、

『私だけが知っている
一般には知られていない凄いもの』

みたいなものが口コミで
広まっていくケースが多いので、

少数ロットで固定費を抑えて
小さくつくっていくのが
良いように感じています。

それはつまり女性のインフルエンサーが
知られざる愛用アイテムとして
自分から紹介したくなるような
商品づくりです。

そこにチャンスがあると思っています。

・・・・・

どんな状況でもチャンスに
目を向けていきましょう。

次のテーマです。

==================
バイデン大統領になるとどうなるか?
==================

バイデン氏が有利と言われている
現状ですが、

バイデン氏になれば、

コロナ対策は今までよりも
厳し目になる、と思われます。

今までも民主党系の知事の州が
ロックダウンに積極的でしたが、

民主党であるバイデン大統領も
感染者数を抑制する方向で
動くはずです。

今までよりも厳しくなるのは
間違いないと思います。

と同時に、

==========
追加の予算も投入
==========

今までよりも厳し目に
対策ととるのであれば、

同時に、追加の予算も
出す流れになるはずです。

なので、株は上がる可能性が
高そうですが、、

このことは既に織り込んでいる
感じもあります。

仮にハーフロックダウンなどの
対策をとらなくても、
元々民主党の方が追加予算は
大きかったので
既に予測済みの期待済み
という感じもします。

先のことは分からないのですが

「期待で買って、ファクトで売れ」

の投資の原則からいうと
今が、期待の時期で
それが織り込まれている、

そして、実際に追加予算が発表されても
ファクトで売れの原則で下がる可能性も
十分にあります。

ただ、追加予算がでると

=========
ドルが安くなる
=========

というのは確定です。

相対的にドルが他の通貨に
対して安くなります。

実際、この辺りまでは
既に市場は織り込んでいる
動きになっています。

ドル安です。

他に確実なこととしては、
バイデン大統領になれば

=============
グリーンシフトが加速する
=============

のは、間違いがないです。

再生可能エネルギーでの発電を
2050年に達成することを掲げています。

もともとオバマ元大統領のときは
グリーンニューディールで、

再生可能エネルギーを含めた
エコ産業への投資で新産業を
立ち上げるという政策でした。

ただ、石油産業が強い国ですから
あまりうまく行かなかった、

それが戻ってくきます。

そして、それはヨーロッパと
足並みを揃えていく動きでもあります。

アメリカとヨーロッパが
同じ路線ということは
世界はその方向で動きます。

当然、日本もグリーンシフトの
時代がやってきます。

・・・・・・

アメリカらしくないというか
ブレたなと思うのは、

エネルギーなど莫大な投資が
必要な分野に関しては、

政権が変わっても
方向転換しない

というのは国の政策の
大前提になります。

なぜなら、政権によって
コロコロ政策が変わるなら
怖くて企業は投資ができないからです。

エネルギー分野などは
莫大な投資がかかるので

50年後まで見据えて
投資をする分野です。

政党によって政策が
コロコロ変わってしまうと
民間企業は動けなくなります。

そうなると、

実現は不可能になりますし
一度、信用を裏切れば
企業は二の足を踏むことになります。

そして、その大原則を破ったのが
トランプ政権ということになります。

(日本は、論外なほどコロコロ変わるので
大きな投資はとてもできない環境です)

いずれにしても、

================
11月3日から数日で大統領選挙の
結果が出ます
================

今年は、郵便投票も多いので
結果が出るまで時間がかかると
言われています。

凄まじい混乱が起きそうな気配ですが
注視していきたいと思います。

・・・・・・・・

11月3日の大統領選挙が
終わったあたりで、

来年に向けての世の中の動きと
ポストコロナ時代とは何なのか?

について、総括してお届け
しようと思っています。

楽しみにお待ち下さい。

それでは、また、メールします。

伊勢隆一郎

追伸:

熊野古道をてくてく歩きました。

写真を載せたかったのでサロン向けではなく
一般公開していますので、良かったらご覧ください。

熊野古道で生まれたての赤ちゃんになりました:
https://note.com/ryuichiroise/n/n2814919d77a1

熊野古道 中辺路ルート 詳細記録:
https://note.com/ryuichiroise/n/n2981785a23b1

追伸2:

お伊勢さんサロンも引き続き募集中です。
来月はSNS集客集中講座を開催します。
出入り自由ですので、出たり入ったりしてください。

お伊勢さんサロン:
https://rise-land.com/oise/salon2/

関連記事

  1. バックナンバー

    ミッション経営で年商1000億円

    伊勢です、ミッションやビジョンはビジネスに必要だと思います…

  2. バックナンバー

    お金で「しあわせ」は買えるか?(経済と幸福度)

    伊勢です、最近、会う人全員にこんな事を…

  3. バックナンバー

    儲かる”銘柄”をお話します

    伊勢です、「儲かる銘柄はコレ」「これから伸びる銘柄を公開」…

  4. バックナンバー

    鮨屋の下積み修行はムダなのか?

    伊勢です、ホリエモンさんが「鮨屋で何年も修行するなんて…

  5. バックナンバー

    社会貢献に興味はありますか?

    ===================================…

  6. バックナンバー

    株で全財産を失いました。(小学生の時の話です)

    伊勢です、小学5年生の時の事です。バブル崩壊が始まりま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お金のための人生を完全に卒業(新プロジェクト)
  2. うそで固められた、成功ノウハウ(資産家の真実)
  3. 1年以内に、引退するプロジェクト(リリース間近)
  4. あなたの未来に訪れる、働かない人生(天国ジゴク)
  5. 引退について(人が働くことをやめる時)
  1. バックナンバー

    1年以内に、引退するプロジェクト(リリース間近)
  2. バックナンバー

    『令和の新スキーム』
  3. 未分類

    それでは何も変わらない!と言われた気がした朝の話
  4. バックナンバー

    2019年の予測とどう生きるか?
  5. バックナンバー

    【雑感3】教えることの難しさ
PAGE TOP