バックナンバー

儲かる”銘柄”をお話します

伊勢です、

「儲かる銘柄はコレ」

「これから伸びる銘柄を公開」

このような情報を求めてるとしたら
注意してください。

なぜなら、その思考が
すでに投資の負けの始まりだからです。

その詳細な理由と、さらに
では、どうすれば勝てるのか?

今回は、かなり具体的に
「儲かる銘柄の見つけ方」をお話します。

より深く詳しい話を知りたい方は
塾長に直接聞いてください。

勝ち続けたい投資家にとっては
参加必至のセミナーです。

2020年勝てるかどうかは
ここに参加するかで、ほぼ確定します。

過去30年、負けなしの投資スキーム:
https://k2ac.jp/setup/thanks/

まず、過去10年の市場の動向から
はっきりしているのは

==================
個別株の購入は、リスク
==================

となりつつある、もしくは
すでにリスクだという事です。

個別株とは、例えばトヨ●の株とか
そういう会社単位の株式です。

重大な、ごく最近のニュースで
7月22日付けで

「米株式市場で
 S&P500種が5ヶ月ぶりに高値」

というニュースがありました。
(出典:米ブルームバーグより)

このS&P500とは
アメリカの有力企業500社の
総合株(インデックス)になります。

日本で言うと「日経225」という
同じく有力企業225社の株があります。

このS&P500というのが
投資で重要なファクターになります。

投資の世界には、私たちのような
個人投資家の他に、資本の大きな
ビッグプレイヤーも多数存在しています。

そして、傾向としては
ビッグプレイヤーの方が勝ち組が多いです。

なぜなら、そもそも資金力があり
負けをカバーしやすく
儲けも大きく育てやすいからです。

彼らは焦って投資する必要がほぼなく
時間をかけて、利益を作れます。

そんな大口投資家の間でも
大きな問題だったのが

==================
S&P500に、個別株で勝てるか?
(以下、S&Pに略します)
==================

という問題です。

ここについて、具体的に
レポートを行ったデータがあります。

・S&Pだけを買った場合
・個別株で資産運用した場合

この2つのケースを比べて
どちらが、より利益をあげたかです。

かなり興味深いですよね。

何も考えず、S&P1択と
戦略を持った個別株運用のガチ勝負です。

どちらが勝つと思いますか?

大口投資家たちなので、もちろん
敏腕のファンドマネージャーの挑戦です。

・・・

まず1年間と、3年間の運用では

・1年:S&Pが70%勝利
・3年:S&Pが71%勝利

という結果でした。

S&Pを買うだけ、という
ワンパターン戦略に多くの投資家の
叡智を結集した戦略が敗北しています。

さらには、5年間の運用では

==================
S&Pの勝率が、80%を突破
==================

という結果になりました。

挑戦した大口投資家の8割以上が
S&P1点買いに負けたのです。

・・・

これって、ものすごい
結果じゃないでしょうか?

「どの銘柄が儲かりますか?」
「何を買うべき?」

こうした思考は、シンプルに
儲かる個別株を狙っているかもしれません。

しかし、そうした個別株よりも
インデックス株の運用の方が
シンプルに利益をあげている事実があります。

※もちろん、インデックス一択も
大きなリスクが存在します、詳しくは後半で

例えば、個別株で今話題なのは
米ハイテク企業の株です。

コロナが起きてから、飲食や
様々な業種が打撃を受けました。

一方で、オンライン需要は
伸び続けており、株価もうなぎ登りです。

最近の恐ろしいニュースでは

==================
2020年5月8日
GAFA+Micro softの時価総額が
東証一部上場企業全体の株価を超える
==================

という事件がありました。

GAFAとは、米ハイテク企業の

・Google
・Apple
・Facebook
・Amazon

の4社で、ここにMicrosoft社を足して
東証一部上場企業を束ねた株価を
わずか5社でオーバーしたようです。

そして、さらには

==================
2020年7月21日
米テクノロジー4社(G、M、A、A)
時価総額で日本全体を超える
==================

というニュースが飛び込みました。
(出典:米ブルームバーグ)

今度は、Facebookを除いた

・Google
・Microsoft
・Apple
・Amazon

の4社で日本の全ての企業の株価を
超えてしまったというのです。

・・・

こうしたニュースを見ていれば
個別株で、強力なのは
彼らのようなハイテク企業かもしれません。

しかし、数社だけに
自分の資産を託すのはリスクがあります。

個別株投資のトッププレイヤーは
みなさんご存知の

「ウォーレン・バフェット氏」

になります。

投資の神と呼ばれたバフェット氏も
今回の暴落では、資産を少し減らしています。

つまり今回の暴落では
少しの負けを被ったと言えるかもしれません。

では、個別株投資でない
S&Pのみを買っていた人はどうなのか?

コロナショックの暴落によって
大きなダメージを受けています。

つまり、個別株よりインデックス株が
優秀という見方は強いですが、、

それでも一点突破には
大きなリスクが伴います。

話が長くなったので
少し情報を整理していきます。

まず、、、

==================
個別株 VS インデックス株(S&P500)
では、過去5年でインデックスが勝率8割
==================

この事実が、多くのトップ投資家の
考え方に影響を与えました。

ただし、S&P一択の投資では
暴落時にマイナス20%など
大きな資産の下げを経験します。

そのため、シンプルに
結論をまとめると

==================
S&P一択でもそれなりに勝てるが
暴落時には、大きなリスクを抱えてしまう
==================

という問題が残ります。

塾長のように、暴落前に予兆を読み取れれば
資産の防衛も可能です。

ただし、そうした神がかった予測をできる人は
まず1%もいないでしょう。

では、どうすれば良いのか?

ここについては、塾長も
かなり周到な対策を行っています。

具体的には

==================
暴落に負けないポートフォリオの形成
==================

が、唯一安心して
資産を保有できる戦略です。

そうした戦略の組み立てや考え方は
さらに10倍以上は、長い話になります。

それをメールで伝えるには
ちょっと限界があります。

とても話しきれない深い思考とスキームがあるので
そこについてはセミナーで体験してください。

今回のメールの内容だけでも
投資のかなり核心の話をしています。

経験のある方からすれば

「無料で漏らしてはいけない情報」
「これだけで稼げる話」

だったかもしれません。

ただし、儲けるばかりでは
負ける時のマネジメントができません。

勝ち続ける人は、資産を組む時に
「負け方をコントロール」するのがうまいです。

ダメージの少ない負け方をするから
大きく勝つ事ができるのです。

この先の詳しい話は
塾長のセミナーで聞いてみてください。

2020年、投資で勝つ人は
このセミナーで確定すると思います。

勝ち続ける投資家の思考と真髄:
https://k2ac.jp/setup/thanks/

伊勢隆一郎

追伸:

間もなく、第2話の音声が
公開される予定です。

その前に、2020年後半を予測する上で
最も重要な話が第1話です。

ここを押さえておかないと
投資で勝つ事など、到底ありえません。

最も重要な話だからこそ
最初にお話をしています。

必ず、聞いておいてください。

2020年下半期を予見する:
https://k2ac.jp/setup/notice
(メールアドレスを登録すると
1話目を聞くことができます)

関連記事

  1. バックナンバー

    成功法則が1つではなくなった

    伊勢です、10年以上、ビジネスのやり方を伝えてきました。…

  2. バックナンバー

    社会貢献に興味はありますか?

    ===================================…

  3. バックナンバー

    IT未来国エストニアとブロックチェーンの話

    伊勢です、ブロックチェーンは世界を変えるテクノロジーだと思…

  4. バックナンバー

    【雑感】 デンマークシェア会の振り返り(参加者220名)

    伊勢です、デンマークシェア会ですが無事に220名が参加して…

  5. バックナンバー

    【雑感1】人生は、楽しむためにある

    伊勢です、今年も残すところ1ヶ月を切りました。この1年…

  6. バックナンバー

    われわれは種をまくことしかできない

    柿の木を見る。たわわに実った柿の実を食べたいと思う。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 株で全財産を失いました。(小学生の時の話です)
  2. 【速報】大統領選で、未来が分かれていく
  3. 『コンビニ弁当が1500円に値上げされる?』
  4. 再びコロナ第三波がスタート
  5. 儲かる”銘柄”をお話します
  1. バックナンバー

    社会貢献に興味はありますか?
  2. バックナンバー

    エストニア視察ツアーのお誘い
  3. バックナンバー

    2019年の予測とどう生きるか?
  4. バックナンバー

    『コンビニ弁当が1500円に値上げされる?』
  5. バックナンバー

    2017年以降、確実に必要なスキルとは?
PAGE TOP