バックナンバー

UFOに連れ去られたかもしれません…

伊勢です、

生きています。

一部で、伊勢AI説や
クローン説も
出ているようですが、

親からもらったナチュラル
ボディーで健気に生きています。

安心してください。

もっとも、本人の知らぬ間に
UFOに連れ去られて
チップを埋め込まれて
AI化してしまっている可能性も
否定はできません。

あるいは、自分が気づかぬ間に
クローンに入れ替わっている
可能性も否定はできません。

この件に関しての問題は、
本人すら、証明することが
不可能なことにあります。

本人の感覚としては、

「オレはオレだし、何も変わっていない」

のです。

しかし、それを証明しろと言われても
困ってしまいます。

証明のしようがありません。

何を言っても、

「お前は知らぬ間にクローンと
入れ替わっているんだ!」

と、言われてしまえば
それまでなのです。

しかし、

ひとつ確実に言えることがあります。

仮にAIだとしても
クローンだとしても、

「幸せだし、別にいいか」

ということです(笑)

自分という人格を
日々感じますし、

自分として思考することも
できています。

なので、自分の人生を生きている
感覚があるので、AIでも
クローンでも宇宙人でも
OKとすることにします。

毎日のご飯も美味しいです。

体重が減らない事だけは
納得いかないのですが

奥さんが許してくれているので
良しとしています。

こうして考えてみると
不思議ですね。

自分とは一体何なのでしょう?

何をもって、人間は自分を自分と
認識しているのでしょうか?

自分という認識すら
ただの電気信号なのだとしたら、

自分とは陽炎(かげろう)のような存在で
あるようで、ないような、
ないようで、あるような、、

そんな存在の気がしてきます。

もうひとつ思うのは、

仮にAIだとしても
クローンだとしても

自分の人格を感じて、
自分の五感を感じて、
自分で思考している手応えがあれば、

幸せです。

電脳でも自分の人生を生きていると
思えていればOKなのです。

I LOVE ME です。

しかし、

生身の人間だとしても、
自分で判断できず、
自分を生きている感覚がなく、
自分を我慢するような毎日なら
不幸せですね。

そういうときは、
逃げ出すのが一番です。

責任など放棄して
しまいましょう。

責任が、重力を運んできます。

そして、その重力が病気を生みます。

子供のように、責任を感じず、
五感を使って、飛び跳ねながら
無我夢中で生きればいいのです。

なので、自分を生きられていないなら
逃げましょう。

本当に大切な人だけを抱えて責任放棄して
自然の中に逃げ込むのがおすすめです。

人生は、好きにして良いのです。

他人に遠慮をする必要もないし
自分が思うように生きたら良いのです。

話がずれましたが、

I LOVE ME です。

ゆえに電脳化もOKです。

人生も自分も世界も陽炎のように
あるようで、ないような
ないようで、あるような
そんな不確化なものですから。

それにしても、

自分とは、一体何なのか?

幸せとは、一体何なのか?

考えるほど、不思議ですし、
答えは出ないですね。

そもそも、

六本木を卒業し、

沖縄のど田舎で暮らすようになり、

性格も、行動も変わってしまったので
人造人間疑惑が出ているのだと思います。

4月と言えば、日本では年度始めですし、
春と言えば、桜です。

沖縄の海辺に住む私にとっては
春と言えば、、桑の実(マルベリー)です。

桑(くわ)はカイコの餌になる桑ですよ。

3月は、浜辺の桑の木から毎朝、大量の
マルベリーを収穫し食べていました。

手も口も、真っ赤にベトベトにしながら
むしゃむしゃと食べていました。

そして、手も口周りも
壮大に真っ赤にしたまま、

海に入って、手と顔をゴシゴシ
洗い流していました。

マルベリーは、ウマいです。

見た目、毛虫っぽくて怖いですが、
ウマいです。

抗酸化作用も強く腎臓にも
良いと言われています。

近所のおばさんとも、ひと悶着ありました。

チワワを抱えた近所のおばさんが
よく浜辺に散歩にくるのですが、

すれ違うたびに、

「私の分もとっておいてね!
とりすぎないでね!」

と、声をかけてきます。

私もチワワをなでながら、

「もちろんです!」

と、笑顔で言っていました。

が、無視して、食べたいだけ
食べていました。

あまりにも美味しいので
ジャムか、酵素ジュースでも作ろうかと
考えたのですが、

おばちゃんの顔が浮かんで来て
さすがに辞めました。

4月に入り、桑の実(マルベリー)祭りは、
終了してしまいました。

しかし、夏までに、もう一毛作ぐらい
くるはずなので、楽しみにしています。

ただし、今度は、おばちゃんだけではなく
天敵の蜂とも戦わなくてはなりません。

蜂を警戒しながら、ヒットアンドアウェイで
素早く刈り取り、飛び退きながら
口に詰め込む事になります。

なので、やはり3月がマルベリーの季節としては
一番楽しみなのです。

桑の実が終わる事には、
月桃の花が咲きはじめました。

大きな涙のようにぷっくらして
白と薄ピンクでつやつやで
かわいらしいのです。

今は、テッポウユリが咲いています。

鉄砲のような形をしたユリです。

テッポウユリは、とんでもない
崖の岩に咲いたりしています。

東京の人には、信じられないと
思いますが、野生のテッポウユリは至るところに
生えています。

とても美しいので拝借してきて
家で飾っています。

ココナッツのような香りが
とても強くて、リビングが華やかな
空気になります。

もう、しばらくすると、
イジュの花が咲き始めます。

イジュの花もなんとも可愛らしいです。

このように、

草花や、潮に満ち引きの変化から
季節の移り変わりを感じています。

六本木にいた時代には
なかった感覚です。

地球と共に生きている感覚が強いです。

なにが言いたいかというと、

田舎に来て、草花を知ることで
人生が豊かになった、と思っています。

知らなかった楽しさを手に入れました。

草花を知らなかった時代より、
今のほうが、日々を楽しめています。

このように、

何かを知るということは、
人生を豊かにしてくれるのだと
思います。

そして、

何かを知るということにおいて
環境の力はとてつもなく
大きいと思います。

東京にいたままで、
草花を知ることは
できなかったと思います。

環境が変わる事で、
新たな世界を知ることができました。

今は、日々の小さな変化が
とても楽しいのです。

とりとめもなく
書いてしましましたが、

環境の力は大きい、

そして、

新たな世界を知ることで
世界は全く違って見えるようになる、

そんなことを伝えたいと
思いました。

お知らせです。

来週4月13日火曜日の夜20時~
ズームライブを開催します。

年末以来、今年初の単独ライブになります。

今回のテーマは、投資とお金についての
ライブセミナーです。

投資も、私の中では、

『投資という新たな世界を知ることで
世界が全く違ってみえるようになった』

そんな象徴的なもののひとつです。

世界の見え方が変わり
日々の行動が変わり
人生が変わった事のひとつです。

投資というと、

「投資は、今からでもやるべきでしょうか?
投資は、なんだか怖いです」

という意見も良くもらいます。

私自身、父がバブルで全てを失った経験が
あるので、投資は反対派でした。

絶対にやらないと固く心に
誓っていました。

しかし、今では、もっと早く
学んでおくべきだったと思っています。

自分の後悔もあるので、
お伝えしたいなと思っています。

まだ、投資を始めていない人も
2024年ぐらいまではチャンスがあります。

というか、いつでも、今から始めるのが
一番良い選択です。

既に始めている人は、
そろそろ2024年以降に向けて
攻めと守りのバランスを意識していく
時期になってきたと思います。

せっかく、増やした資産を守るためには
守りについても、学んで欲しいなと思います。

攻守のバランスを考えないと
せっかく増やした資産もあと数年で
溶けてしまう可能性も十分にあります。

あとは、

今はまだ、投資をする時期ではないと
考えている方もいると思います。

それでも、おそらくいつかは
投資に取り組まなくてはならないと
思っているはずです。

そうであれば、いざというときのために
先に準備だけはしておいて欲しいと思います。

これからの時代というのは、

「動いた人だけが、果実を
手にできる時代」

だと思います。

「動かない。待っている。」

、、、、、

一昔前までは、それで良かったのです。

何もしなくても、老後は、国が年金で
面倒をみてくれました。

何もしなくても、それなりに
生きていくこともできました。

ある意味、みな等しく、豊かになり、
みな等しく、貧しくなった時代だったと
思います。

他人任せで生きていけた
時代だったのです。

しかし、

2020年から21年の一年間を
振り返っても、

投資だけを切りとっても
動いた人と、動かなかった人で
大きな差がついてしまいました。

たったの1年でです。

その差は、ワニの口のように、
時間が立つほど、大きく広がっていくでしょう。

動いた人と、動いていない人の差が
極端に出てきてしまう時代になったのだと
思います。

ビジネスにしろ、投資にしろです。

今までは、動いても動かなくても
対して変わらなかったわけです。

それが、極端な差を生む時代に
なってきたのだと思います。

そういう社会が、好ましいかと言えば
きついし、しんどいし、めんどうくさいなと、
正直、思います。

それでも、そうなってしまったのなら
自分を変えていくしかないのだと思います。

動いた人だけが、

マルベリーの実を
食べられる時代です。

チワワおばちゃんに怒られたり
蜂に刺されるリスクがあっても、

面倒くさいと思っても、
食べたければ、収穫するしかありません。

収穫までは、太陽さんが無償で
育ててくれているのだから、

「収穫ぐらい自分でしろよ」

という話でもあります。

太陽さん、ありがとう。

何の見返りも求めず
全て与えてくれて
本当にありがとうです。

同じようにお金が欲しければ

「投資くらい自分でしろよ」

という時代なのだと思います。

やりがいが欲しければ、

「自分でビジネスしろよ」

という時代なのだと思います。

ということで、

4月13日火曜日20時から
時間を空けておいてください。

世界の見え方が変わる投資の話をします。

/////////////////

4月13日(火)投資ライブセミナー

第一部(一般の部)
20時~21時 投資の世界(初級編)

第二部(サロンメンバー限定)
21時~22時 お金と世界情勢の話(中級編)

/////////////////

その前に、

まだ、登録していない人は
こちらから、登録しておいてください。

——————————————–

女性用ページ:
https://k2pro.jp/future2021/content/money0410.html

男性用ページ:
https://k2pro.jp/future2021/content/men0410.html

——————————————–

これだけは、登録しておいてください。

そして、ウェビナーの先行割引も
もうすぐ終了なのでお早めに参加お願いします。

塾長は、

バブルのインフレ時代から、バブル崩壊、
ITバブル崩壊、リーマンショック、コロナショック、

全てを乗り越え、資産を増やし続け、
マイナス20歳の見た目で
幸せで若々しい日々を送られています。

そんな塾長が30年以上の叡智を
無料で教えてくれています。

親子そろって、パソコンの前に
正座をして、襟を正して
聞く価値がある話です。

塾長が第一話で年金2000万円問題の
誰も気づいていない問題点を指摘したときは
あまりの衝撃に、声を失いました。

ぜひ、2000万円問題の真の問題だけでも
ひとりでも多くの人の聞いて欲しいです。

特に、厚生労働省の年金対策課や
経済産業省の国民所得対策課の方に
何が何でも聞いてほしいです。

なぜ、誰も気づかなかったのだろうと
目が覚める思いでした。

人が幸せに生きるために何が必要なのか?

その答えを知ったとき、
投資についても年金2000万円問題についても
自ずと道が見つかっていきます。

塾長は、長い人生を経た上で、シン投資話を
してくれています。

年金2000万円問題の危ない勘違い:
https://k2pro.jp/future2021/content/miss0410.html

お楽しみください。

伊勢隆一郎

関連記事

  1. バックナンバー

    新たな10年経済のはじまり(2030年の未来)

    伊勢です、2021年が始まって新たな年度も近づいてきました…

  2. バックナンバー

    IT未来国エストニアとブロックチェーンの話

    伊勢です、ブロックチェーンは世界を変えるテクノロジーだと思…

  3. バックナンバー

    私は弱虫です

    伊勢です、いつも他人の目を気にして生きてきました。…

  4. バックナンバー

    ミッション経営で年商1000億円

    伊勢です、ミッションやビジョンはビジネスに必要だと思います…

  5. バックナンバー

    2019年の予測とどう生きるか?

    伊勢です、2019年になりました。2019年は、どうや…

  6. バックナンバー

    【雑感2】南極で放置プレイされました

    伊勢です、南極に行った。想像以上に過酷な旅であった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お金のための人生を完全に卒業(新プロジェクト)
  2. うそで固められた、成功ノウハウ(資産家の真実)
  3. 1年以内に、引退するプロジェクト(リリース間近)
  4. あなたの未来に訪れる、働かない人生(天国ジゴク)
  5. 引退について(人が働くことをやめる時)
  1. バックナンバー

    2017年以降、確実に必要なスキルとは?
  2. バックナンバー

    【雑感3】教えることの難しさ
  3. バックナンバー

    3年後どうなっていたいですか?への回答
  4. バックナンバー

    儲かる”銘柄”をお話します
  5. バックナンバー

    米国の株価が大暴落でどうなる?
PAGE TOP